Shefty's Blog

ハラール対応のお菓子を日本(東京)のお土産に

calendar

reload

ハラール対応のお菓子を日本(東京)のお土産に

弊社のハラール対応のラングドシャの販売がスタートしました。

スポンサーリンク

ハラール対応のクッキー:ラングドシャ

こちらがパッケージです。
languedechat2

ラングドシャとは

元々は「猫の舌」という意味のお菓子で、細長く、角が丸いかたちの薄焼きクッキーです。
日本でも人気が高く、コンビニ菓子からお土産用まで、味や価格・サイズも多種多様なものが展開されています。

お土産に非常に多い「ラングドシャ」

ラングドシャは、全国各地のお土産として非常によく見かけます。
おそらく日本で一番有名なラングドシャであろう「白い恋人」(北海道)や中東でも大人気のヨックモック、京都にも「茶の菓」という濃茶ラングドシャがあり、福岡にもあまおう(苺)のラングドシャがあります。
高速道路のS.Aにも各地の特産を活かしたラングドシャが数多く販売されています。
ギフトとしても、身近な方へのお土産としても使いやすい側面があるからではないかと思います。

弊社のラングドシャはどこが違う?

今回発売になりました弊社のラングドシャは、ホワイトチョコ×クッキーです。濃厚なミルク感を感じながら、非常に歯触りの良いクッキー生地が絶妙な相性を奏でています。
弊社商品の最大にして一番の違いは「原材料」です。卵とミルク以外は動物性の原材料を使用していません。もちろんアルコール関連も使用しておりません。マーガリンやショートニングなどもすべて植物由来のものを使用しています。
(原材料表記にはありませんが、油脂の一部に魚由来の原料を使用しています)

なぜ動物性を使わないの?ーハラールに対応するため

弊社の主力は、ハラール食品です。ハラールとはムスリム(イスラム教と)の教義で許されたものという意味。彼らが口にできない原材料はすべて排除して製造をしています。
なぜ、弊社がハラール対応をしているかといえば、それは世界中へ弊社商品をお届けしたいからです。日本ではまだまだ知られていないハラールも、海外ではごく当たり前に対応しているのが現状。世界人口の1/4がイスラム教徒と言われていますので、ハラールに対応しないということは、この25%の市場を捨てるということになるんです。
ですから、グローバル企業(食品だけでなくホテルなども)は特に、ハラールに対しての何らかの対応をしています。

ハラール認証は取得していません

しかしながら、ハラール認証は取得しておりません。この商品は元々、中東市場に展開するために開発しました。現状では、中東では認証を必要としないのです。もちろんハラール性がなければ、中東へは輸出できません。ハラールでなくても良い、ということではなく、認証機関による証明が必要ないということです。今後、東南アジア等へ市場を広げる際には取得が必要となるかもしれません。
当然ながら、原材料はハラール性を担保し、工場も動物由来原料を使っていないラインで製造しています。

パッケージは2種類からお選びいただけます。また、OEM/PB対応も行います。
ECショップでも販売しています。SheftyshopのYahoo店


この記事をシェアする

Translate »