飛行機は安全な乗り物か

飛行機は年々運行便数が増えているにも関わらず、飛行機事故は減少傾向にあります。
2014年に起きた死亡を伴う事故の数は、ここ数年では最も少なかった2012年よりも少ないようですが、事故による死亡者数は増えてしまっています。

しかし、それでも飛行機は「最も安全な乗り物の一つ」なのです。
航空アナリストの杉浦一機氏は、著書『知らないと損するエアライン〈超〉利用術』の中で、「輸送実績1億人キロあたりの死亡乗客数=0.04人」「10万飛行時間あたりの死亡事故件数=0.07件」という統計データを紹介しています。

これは「飛行機に毎日乗っていても、事故に遭うのは438年に1回」と言われたりする説と同じような確率になります。もちろん、毎年数百人の方が飛行機事故で亡くなっているので、事故機に搭乗してしまうリスクは常にあるのですが、それは飛行機に限ったことではなく、自動車事故などに遭う確率に比べたら比較にならないほど、危険は少ないのです。

世界の航空事故死亡者数(IATA発表)
2009 685人
2010 786人
2011 490人
2012 414人
2013 210人
2014 600人(マレーシア航空撃墜298人除)

日本国内の交通事故死亡者数(警察庁発表)
2009 4914人
2010 4863人
2011 4663人
2012 4411人
2013 4373人
2014 4113人

世界の航空機事故による死亡者数と比べると、交通事故死は日本国内の数のみで比較しても7〜10倍いるというのが現状です。
このように、自動車など他の乗り物と比べると、実は飛行機はとても安全なんです。

しかし、1回の事故被害の大きさは自動車事故よりも甚大で、ニュースでも大きく取り上げられます。昨年のマレーシア航空・エアアジア、最近のドイツでの飛行機事故など記憶に新しいところです。
なので、どうしてもコワイ乗り物に思えてしまうこともありますよね。リスクとハザードを混同してしまうことも多いからだと思います。リスクとは、確率的な可能性のこと。ハザードは有害・危険なこと、ものです。数式にするとこうなります。
リスク=ハザード×確率
ニュースでは確率は流れませんので、ハザードの大きいものが目立ってしまうのです。
そして、頻度が低く、ハザードの大きいものに私たちは騙されてしまうのです。

これらは下記の書籍に詳しく出ていますので、良かったら一度ご一読を。